ワキ汗で悩む私が中間色のドレスを着ることに!結婚式も楽しめた対策とは?

ワキを気にしながらドレスを着る女性
管理人

管理人
今回は、30代後半の会社員の女性の体験談。

ワキ汗、汗ジミなどに対して、お肌に対してはどうするか?洋服に対してはどうするか、などご自身の実体験をもとに、具体的な対策法を教えてくださいました。

私は現在30代後半・会社員の女性。汗で失敗したオシャレは、特に20代の頃多かったです!

体形は痩せ型ですが、実はけっこう汗っかき。冬でも汗をかくことがあるほどなのに、若い頃は汗と洋服への意識が低く、気がつくといわゆるワキ汗をかいていて、何度も恥ずかしい思いをしました。

しかし、まだ世間もそんなにワキ汗くらいで大騒ぎすることもなかったので、自分の意識も低いままだったんですよね。

・・が、大人になるにつれ、人前での汗はやはりみっともないと強く思うようになりました。

私が実践したワキ汗対策は3つ。今回は、その3つの方法をお伝えします。

さらに、どうしても回避できなかったドレスを着た時のお話も…。お楽しみに♪

1、制汗剤を毎日使用

昔の汗対策と言えばスプレータイプがほとんどでしたが、最近はロールオンタイプがメインで、最も効果があるように思います。やはり直に肌に塗れる点と、小さいのでポーチに入れて持ち運べる点がメリットです。

また、シートタイプの汗拭きも重宝します。外出先や人に会う前など、気になったときにサッとお手洗いなどで使用。ベタつきが抑えられるだけで、気持ちもずいぶんスッキリしますよ。

2、吸湿・速乾性の高い下着を着用

ユニクロのエアリズムなど、サラッとしていて汗をすばやく逃がしてくれる高機能下着が簡単に手に入る時代です。

有名下着ブランドはもちろん、無印良品など、身近なショップでも独自のシリーズが販売されていますから、自分の好みに合ったものを選ぶと良いでしょう。

私は外出の予定がある日などは、汗をかいても出先でサッと一枚着替えられるよう、インナーのキャミソールやTシャツを持ち歩くこともあります。汗はもちろん、臭いの対策にもなりますよ。

3、汗が目立たない素材・色の洋服を着る

汗をかきやすいと自覚している人は、間違ってもグレーのコットンTシャツを真夏に着ちゃいけません!

肌に密着する素材で、特にグレー、ピンク、ベージュ、水色などの中間色は要注意。赤や緑などハッキリした色も汗が目立ちやすいです。

逆に、黒や白は比較的、汗ジミに強い色と言えるでしょう。

そして、大切なのが素材です。できれば汗に強い化学繊維で、肌にフィットするのではなく、フワッとまとうタイプのアウターがおすすめ。

密着しない分、汗を吸うことは減りますし、目立たない色であればなおさら心配する必要がなくなります。

汗かきさんへのプチアドバイス

夏って色鮮やかなファッションも楽しみたいですよね。黒ばっかりではオシャレどころか、暑苦しく感じてしまう…。

そんな時は、インナーにキレイな色をもってきて、アウターで締め色にするか、その逆パターンがおすすめですよ。

“このパターンなら大丈夫”という自分なりの法則を見つけておくと、汗を恐れずにオシャレも満喫できるはず!

ワキ汗で悩まなくなった

ワキ汗対策をきちんと自分でできるようになったことで、堂々と夏のオシャレを楽しむことができるようになりました。

その中でも、特に良かった点は「自分に似合って、しかも無理のないファッション」がよく分かるようになったことです。

以前は流行だからとデザイン重視で洋服を選ぶことが多かった私。

しかし、年齢を重ねるにつれ、本当に似合うかどうか、大事に着られるかどうか、そういったポイントが大切になってきます。

「これは素敵なデザインだけど、私が着たらきっと汗がこんな風に出て、あんな風にシミがついてしまうな…」と、ちょっと変ですが“予測”ができるようになりました

かえって、「あ、これならかわいい色とデザインで、しかも素材とサイズも申し分ない!」と一目で分かるようになったりもします。

それでも、どうしようもない時もたまに…。それはドレスを着るというシチュエーションの時に体験したお話です。

中間色のドレスを着ることになりピンチ!

以前、知り合いの外国人の結婚式で、花嫁付添人を務めたことがあります。その時、揃いのドレスを着なくてはならなかったのですが、それがラベンダー色だったのです。ちゅ、中間色…しかもドレスで!?

デザイン的に見ても、ドレスは長く着ていたら、もしかして汗ジミがついてしまうかも…と、ちょっと怖くなってしまいました。

しかもドレスなので、いったん着たら簡単に脱ぐことはできず、汗拭きシートを頻繁に使える状況でもない。どうしよう??と焦りました。

中間色のドレスを大勢の前で着るというピンチを助けてくれたのは、脇に直接貼るシートでした。

ドラッグストアでたまたま見つけたのですが、使ってみると便利、便利!見た目の薄さとは裏腹に、しっかりと汗を吸いこんでくれます。コレならドレスにワキ汗がしみてしまうこともないのでは!?っと、すぐに購入しました。

ドレスの前に中間色の普段着で検証

脇に直接貼るシートを購入した私でしたが、ぶっつけ本番でドレスに試す勇気はありませんでした。なので、まずは普段着で、しかも中間色の服を着てその効果を試してみました。本当に汗対策になるのかドキドキしました。

これが成功すればドレスも着こなすことができて結婚式も素敵なものになります。でも、うまくいかなければワキ汗のドレス姿を大人数の前でさらしてしまうことになるんです。

普段着で試しながら、何とか汗対策の効果がありますようにと祈るばかりでした。

うまくいけば、ドレスだけじゃなくて、私服にも中間色の服を選べるようになるじゃないですか。このドレスの汗対策は、もしかしたら私の人生を大きく変えることになるかもという楽しみもありました。

少し小さいのが難点でしたので、左右の脇にそれぞれ3枚ずつぐらい貼って使いました。

いざ結婚式へ!ドレスは無事だったのか!?

結婚式当日は、ドキドキしながら花嫁付添人を務めました。友達もまさか私が中間色のドレスに対して、ワキ汗が目立ってしまわないかという緊張の中で隣にいるとは夢にも思わなかったことでしょう。

ラベンダーのドレスを着るために、前もってワキ汗対策のテストまでしているなんて知ったら、笑ってくれるのか、怒ってしまうのか、それとも申し訳ないと思わせてしまうのか…。

このドレスとの戦いは、私一人でクリアしなくてはならない重要任務だったのです(大げさ?)

そんな結婚式とは関係のない部分に意識を寄せながらも、ラベンダーのドレスで花嫁に付き添った結婚式は、無事に乗り切ることができました!

誰にもバレることなく、花嫁にも感動してもらえて、まさにハッピーエンドの結婚式となりました♪いろんな意味でこれ以上ない結婚式の思い出です。

ワキ汗グッズの進化に感謝

ワキ汗グッズも年々進化していると思います。

気になるものはチェックして、自分の日常にどんどん取り入れていくと、さらに快適に過ごせるなと感じています。

私の汗対策はほんの一部だと思いますが、

ポイント!

  • 自分なりのオシャレを、汗ばかり気にせずに楽しみたい方
  • どうしようもない時はグッズをフル活用して、万全の態勢で洋服を着たい方

に特におすすめです!

ドレスの汗でお悩みの方へ

女性と汗と臭い……、本当に悩ましい問題です。

最近は男性でも気にする人が増え、社会全体が「汗撲滅」「臭い撲滅」に向かっているような気さえしますよね。

清潔感のある身なりは、本人がどんなステイタスにあろうと大切なこと。逆に、それがなければいかに他の魅力が高かろうが、一気に減点されてしまいます。

あまり過剰に恐れることはありませんが、汗対策は身だしなみの一つとして、特に夏場は必須といえるでしょう。

しかし、それだけ対策の幅も広がり、セルフコントロールができる問題ということでもあります。

情報に惑わされすぎず、無理なくできる対策を毎日コツコツすることで、きっと解決できると思いますよ!

ドレスの汗対策ができてしまえば、普段着なんて楽勝の汗対策だって思えるようになります。

一度ドレスを着るための汗対策をイメージしながら、中間色の服と向き合ってみると楽しいですよ。

楽しみながら、自分なりの汗、臭い対策をしていけるようにしましょう。