体臭には男女差があるの?嗅覚の違いからも臭い対策を考える。

男女が目線をそらす写真
管理人

管理人
これは、かつて私が体臭についてものすごく悩んでいた時に、ふと思い立って調べてみたことです。

男性、女性、それぞれに特有のにおいの特徴や、その原因についてまとめてみました。
なにか参考になるところがあれば幸いです。

 

【お知らせ】

このページの後半で体臭対策のクリームを紹介したところ「体臭の悩みがなくなった」という声をたくさんいただいたので、こちらで私も愛用している体臭対策クリームを紹介させていただきます。

⇒大反響があった体臭対策クリームはこちら

 

体臭には男女差があるの?

男女の体臭にはそれぞれ違った特徴があります。

一般的に、男女で比べると男性の方が体臭がくさいというイメージがあります。

これは、においの要因の違いなどもありますが、女性の方がにおいに敏感で、周りを気にしてケアをしているからという理由もあります。

他にも男性ホルモンと女性ホルモンの違いや、汗腺の発達具合皮脂の分泌の度合いなどで男女の体臭の差は出てきます。

大まかにまとめると、男性は脂っぽいにおいが、女性は強い汗のにおいが特徴となるようです。

体臭に男女の差があるのはなぜ?

男性は女性に比べて、皮脂腺が発達している傾向にあります。ですので、女性よりも脂っぽいにおいが強くなるのです。

もちろん皮脂腺は女性にもありますが、男性の方が男性ホルモンの影響もあり女性の1.5倍ほど皮脂が分泌されるようです。

この脂っぽいにおいは、皮脂が酸化した際にでるペラルゴン酸という物質が原因です。

女性の臭いの特徴は?

女性の場合は、この皮脂腺が少ないこともあり、皮脂のにおいが出るのも頭皮やおでこなどにとどまるようです。

そして、皮脂腺に並んで女性は基礎代謝が低いこともあり発汗量が男性に比べて少ないです。

つまり、汗を出す汗腺の機能が低い傾向にあるため、毒素や不要物の濃度が濃い汗が出やすいのです。

これが、女性の特徴である汗のにおいが強い体臭となります。

汗腺の発達具合が低いという理由のため、女性の場合は多くの汗を流すことで、汗腺を発達させて体臭の対策を取ることができやすいです。

また男性の体臭には、男性特有のニオイ物質としてアンドロステノンという物質があります。

こちらはいわゆる男臭い、獣くさいと言われるようなにおいで、自身や男性同士だと全く不快ではないが、女性にとっては不快と感じるにおいのようです。

体臭と嗅覚にも差があるの?

体臭はそもそも、自分にずっとまとわりついているにおいですので、自分自身では特に気づきにくいものです。

また、女性は女性特有の、男性は男性特有のにおいというものがありますので、嗅ぎ慣れていることもあり同性同士だと気づきにくいにおいもあります。

前述で述べたようにアンドロステノンという男性特有のニオイ物質は、異性である女性にとっては嗅ぎ慣れず嫌なにおいとして捉えられてしまいます。

女性は甘くていい匂い?

女性の場合は、汗くさいと感じるにおいの他に、女性は甘いにおいがするというイメージもあります。

糖尿病などの病気の場合以外でも、女性の場合は女性ホルモンのバランスなどによって、首筋や耳の後ろ辺りから甘いにおいがすることがあります。

自分ではあまり気がつきにくいと言われていますし、女性同士でもわかりにくいと言われますが、男性にとってはとても惹きつけられる良いにおいととらえられるようです。

また、遺伝子を残す潜在意識の中で、相手をにおいで嗅ぎ分けているというデータもあるようです。

他の人が、あの人は男臭くて嫌なにおいと思っていても、自分にとっては好ましいと思えるにおいだということもあります。

さらに、ずっと嫌なにおいと思っていてもある日突然そのにおいが好きになることもあるのです。

ですので、男女それぞれの体臭の特徴が、必ずしも悪臭ということではないのです。

女性と男性では体臭対策は違うの?

男女の体臭の原因やにおいの元が違う以上、対策自体も異なります。

女性の体臭対策

例えば女性は、汗腺が少ないことによって、出てくる汗の毒素や不要物の濃度が高いのが原因です。

ですので、汗腺を多くするように運動などで代謝を良くしたり、毒素や不要物の原因となる脂質や糖質などを抑えた食生活を心がけることで改善が見込まれます。

これらが習慣化すれば身体にもよいですし、1ヶ月ほど続ければ効果は見られます。

また、悪臭ではないようですが女性特有の甘いにおいが嫌だという場合、そのにおいは首回りからしてくることがほとんどなので、こまめにその辺りを制汗シートタオルで拭くことですぐに効果が得られます。

男性の体臭対策

男性の場合も、簡単にいえばこまめにケアをすることが手っ取り早いです。

女性に比べて皮脂腺が発達しているので、脂っぽいにおいが気になります。この皮脂腺は、女性同様に頭皮や顔のあたりを中心に発達をします。

メイクをすることがほとんどない男性は、比較的顔もすぐに洗いやすいですし、髪の毛も洗ってもすぐに乾かしやすいです。髪は蒸れやすく皮脂も溜まりやすいので、マメに洗ったりすると効果が出ます。

また、最近では皮脂予防のシャンプーやコールドタイプのシャンプーなども販売されていますので、試してみるのもよいかもしれません。

においももちろんですが、脂っぽいという特徴は視覚としてもとらえやすいです。顔がテカテカしていたりすると、においも倍に感じられてしまうので、テカリ対策も行ったほうが良いでしょう。

また、女性も汗を流しっぱなしだと必要以上に臭くみえてしまうものです。

清潔に見えるようにということを心がければ、多少のにおいがでても周りも気にするほどではないのです。

体臭の男女差はあった方がいい?

「体臭と嗅覚の差」でも書いた通り、細胞は遺伝子レベルでにおいを嗅ぎわけることもあります。

周りからは嫌なにおい、自分も今までは嫌なにおいと思っていても、なぜかそのにおいに安心感を覚えることもあるのです。安心感や包容力を感じられるのは、においという点も一つあるのかもしれません。

いくら相手がかわいかったりかっこ良くても、「生理的に無理」と感じる人もいます。もしかしたらそれは、無意識のレベルで感じている、受け付けがたい臭いというものがあるのかもしれません。

本能的にその分別ができるのであれば、一生を共に過ごす人を見つける大きな武器となるのです。

人間がみんな無臭だと、平和な部分ももちろん多くあるとは思います。でも、においも一人一人の特徴であり、においで安心できることもあります。

強いにおいでなくとも、特に異性のにおいは敏感に感じ取れるものです。好きな人の服を借りると、その人のにおいに包まれて幸せな気分になれたり、温かみを感じることができます。

異性の臭いが気になる方へ

においは男女共通の悩みであると思います。

でも、それは全てが嫌なにおいで全て改善した方が良いというわけではありません。

過度ににおいを感じる場合は清潔に保ちたいところですが、男性、女性それぞれ特有のにおいというのは大切にしておいた方が良い部分も大いにあるのです。

それでも、ちょっと強すぎるニオイで困っているという人は、管理人も愛用しているデオドラントクリームでニオイを和らげましょう。

 

⇒管理人愛用のデオドラントクリームはこちら