デオナチュレ ソフトストーンでワキガ対策!効果の口コミ!

デオナチュレソフトストーン
管理人

管理人
今回は「デオナチュレソフトストーン」を長年愛用している30代女性から、なぜこの商品が魅力的なのか、その効果・効能・特徴などをわかりやすく解説してもらいました。

他の制汗剤にはない、その特殊な素材感・形状から愛用する人がとても多いそうです。

ワキの汗・ニオイに困っている人は、その打開策として一度試してみることもいいと思いますよ。

私が主に使用している制汗剤は『デオナチュレ ソフトストーン』です。

これは、私が高校を卒業してから発売されたもので、その当時爆発的なヒットを遂げ、ベストコスメ大賞にも選ばれている優秀な商品です。

私も、発売当初からすぐに使い始めましたが、「なんで今までこれがなかったんだ」と思えるほど、とても効果が高く信頼できる商品です。

デオナチュレ ソフトストーンと出会うまでの私

この商品に出会うまでの私は、なかなか「自分の脇の匂い」という恐怖の呪縛から逃げられず、いつも自分からの臭いを感じて、周りにもバレていないかと心配ばかりしていました。

汗もたくさんかきますが、学校生活ではそんなに頻繁に汗拭きシートやスプレーでケアするわけにもいきません。

また、そういった制汗剤は香りがついているものが多く、制汗剤の香りの中に、やはり汗の臭いが拭いきれずに隠れていました。

トイレや車の臭いと同じように、臭いを香りで誤魔化すと、なんだかとっても嫌な臭いがしますよね。

私は周りにバレていなくても、混ざった臭いを自分で感じて気分が悪くなることもありました。

デオナチュレ ソフトストーンに出会った大学時代

幸い周りにもバレていないようで、そのまま卒業できましたが、大学入学のとき、このデオナチュレ ソフトストーンに出会いました。

今までは家に家族がいて、母は頻繁に汗の臭いがすることを教えてくれていましたが、下宿生となり、臭いを教えてくれる人は身近にいなくなりました。

けれど、デオナチュレ ソフトストーンを使ってからは汗の臭いを自分で感じることも殆どなくなり、なによりもとても小さなアイテムなので、簡単に持ち運ぶことができて、こまめなケアも簡単でした。

こまめなケアも可能ですが、朝出かける前に使用しておけば、ほぼ一日それで過ごしても気にならない程度にまで汗の臭いを抑えることが出来たので、ほとんど出先での使用はしていません。

デオナチュレ ソフトストーンは宿泊にも便利

けれど、これがあったことで友人の家に泊まりにいったり、旅行に行ったりしても堂々としていられました。

温泉などに行っても、普通のエチケットとして使用しているとすれば、みんなの前で使っても、何も怪しまれることもありません。

とても気楽にケアをすることが出来ています。価格もシートタイプやスプレータイプを多用するより、朝の一回のケアで済むことを考えれば、手軽さコンパクトさからみてもとても魅力的です。

無香料なので苦手な匂いがすることもなく、服にソフトストーンが付着することもありません。

私はシートタイプやスプレーに入っているパウダーで、袖口などが汚れてしまうことがありました。様々な方面で、デオナチュレのソフトストーンは利点が多いと思います。

デオナチュレ ソフトストーンの特徴

先ほどもお伝えしましたが、私がオススメしているデオナチュレのソフトストーンは他の制汗剤とは大きく異なる特徴があります。

なんとこれは、スティックのりのように、ワキに直接塗り付けるタイプのものです。

液状でもありません。あえて表現するなら「半練り状態」とでも表現したらよいのでしょうか・・・。

なぜ、このスティックのりのような形状がいいと思うのかということを、一般的な「シートタイプ・スプレータイプ・ロールオンタイプ」と比較しながら、以下に詳しく書いていきたいと思います。

シートタイプの制汗剤

シートタイプは、汗をかく前に体をシートで拭くとさっぱりした状態を維持できるという特徴がありますが、意外と汗をかいたあとに使用する人が多いですよね。スプレーも同様です。

汗をかいたあとに使うと、一瞬肌がひんやりとして、いい香りもするので、なんとなくさっぱりとしたような気がしますよね。

けれど、一度かいてしまった汗です。汗腺には汗が溜まっていますし、シートやスプレーに含まれるパウダーで汗腺を埋めてしまい、肌に老廃物を詰まらせ、結果、臭いの根源である菌を繁殖させて、体臭を悪化させてしまうのではと私は思うのです。

その点、デオナチュレのソフトストーンであれば、朝起きて一塗りするだけで済むので、「汗をかいて、皮膚が汚れたあとから使う」なんていう必要はなくなるのです。

ロールオンタイプの制汗剤

ロールオンタイプは、ソフトストーンのタイプと似た形をしていますし、汗をかいたあとにするよりは、汗をかく前に行うといったイメージが強いと思います。

ただ、私も実際に使用してみて感じたことなのですが、ロールオンタイプのものは基本的に液体なので、ワキに塗ると、塗ったあとすぐに腕と胴がひっついてしまうので、逆に湿気を感じてしまい、常にしっとりとした感じがするんですよね。この感じが、なんだか蒸れて余計に臭いがしてこないかと不安にさせます。

液体なので、塗り方によっては少し垂れてしまう部分も、私にとってはマイナスポイントでした。

デオナチュレ ソフトストーンのメリット

その点、やはりソフトストーンには利点がたくさんあると考えます。

汗をかく前にケアをしておけば、汗をかいても匂いを抑えることができ、しっかりと体にフィットしているので流れ落ちる心配はありません。

汗をかいた後に肌をさっぱりとさせることはできませんが、こと脇に関しては他人と触れ合う部分ではないので、気にならないでしょう。

スティックのりのように固まった状態になっているので、ロールオンタイプのように、液体が流れる心配もありません。

脇に関しての制汗剤は、やはりソフトストーンタイプのデオナチュレ製品が適していると思います。

全身の制汗ケアにはシートタイプもおすすめ

全身の制汗ケアをするとなると、シートやスプレータイプ、シーブリーズなどを併用すると、より一層全身の爽やかさがアップするかとは思います。イヤな汗をかいてしまったときも、サッと一拭きできると、それだけで安心できますからね♪

ですが、全てを持ち歩くことは大変だし、荷物になることを考えても、デオナチュレソフトストーンと併用するのであれば、せいぜいシートタイプくらいでしょう。

デオナチュレ ソフトストーンの総合評価

私は、デオナチュレのソフトストーン商品が心から気に入っていて、今後もずっと使い続けたいと思っています。

なので、他の制汗剤と比較してもソフトストーンの利点を中心にお伝えしましたが、あえてデメリットについて考えるとすれば「なんだかさっぱり感に欠ける」という点があります。

私は全く気になりませんでしたが、人には好き嫌いがありますので、参考までにしていただけたらと思います。

ただ、付け心地以外の効果の面においては、これほどに効果が高い制汗剤はないと思います。

騙されたと思って、ぜひ試してみてください。