体臭をかえたい!いい匂いになれるの?「女性向けの方法」

優雅に花束を持つ美しい女性

管理人

管理人
体臭という言葉は、臭いというマイナスなイメージを連想させてしまいやすい言葉です。

汗臭い、ワキガ臭いなど体臭の「臭」という漢字はくさいと読むこともあり、体臭がいいニオイと言われても褒められた気分になりづらいものです。

特に若い女性は、あなたいい匂いね、と言われる方が嬉しくて褒められた気分になります。

このページでは、体臭を良い匂いに変える方法について紹介していきます。

体臭をかえたい!いい匂いになれるの?

若い女性は特に、女性ホルモンの分泌が活発で人によってそれぞれ特有の体臭を持っています。

体臭の原因となるのは女性ホルモンの影響が大きく、月経の周期やストレス、生活習慣によってもホルモンバランスは変わってきます。

つまり、改善する部分を改善すれば、香水やボディークリームなどを使わなくとも自然な良い香りに改善させることもできるのです。

体臭をいい匂いに変えたい!ワキ編

ワキの臭いで悩んでいる場合、 まず具体的な原因を突き止める必要があります。

具体的にいえば、悩みの原因がワキガなのかそうでないのかです。

ワキガの場合は、基本的には根本的な治療をすることが必要です。ただしワキガにも度合いがあり、軽度であれば日頃のケアで改善が可能です。

ワキガ臭は汗と一緒に体外に出ていきます。ですので、脇毛はしっかりと剃りにおいが残りにくくします。

また、油脂はワキガの臭いの原因となるバクテリアの好物です。ですので、揚げ物など脂分の強い食事を控えることで、軽度のワキガであれば自分で改善することができます。

また、ワキといえばリンパ周りで汗の分泌も盛んな部分です。汗のにおいもまたひとそれぞれですが、老廃物や皮脂の濃度が高い汗は粘ついてにおいが出やすくなります。

性別で分けると、比較的男性の体臭は油臭く、女性は汗くさいという傾向にあります。こうなってしまうのは、女性の方が新陳代謝が低く、老廃物などを排出する力が男性より弱いためと言われています。

女性がワキの臭いで悩む場合、汗の質をよくすることで改善に向かうことがあります。

具体的に何をすればよいのかというと、食事の改善はもちろんですが、定期的な運動をし汗腺を強くすることで濃度の高い汗は外に出て、いずれは水のように無臭のさらさらとした汗になります。

また、若いうちに体幹を鍛えておくと将来ランニングなどの運動が難しい歳になっても、軽いウォーキングで代謝を維持していくことができます。

体臭をいい匂いに変えたい!口臭編

意外と自分で気付きにくく、相手には不快感を与えやすいのが口臭です。

口は鼻に一番近いので、嗅ぎ慣れてしまい自分ではくさいと認識しづらいようです。逆に相手とすれば、会話をするたびに顔が近づくたび息がかかりますので、においは強く感じられます。

口臭の原因は一時的なものとすればニンニクなどの強いにおいがするものを食べた際に、歯磨きをしても胃からにおいが込み上がってくることがあります。

友人や職場の集まりで焼肉などに行った際には次の日においが気になりますよね。

そのような一時的なにおいは時間が経てば改善されますし、ブレスケアなどの口臭ケア用品である程度防ぐことができます。

問題はそのほかの身体に関する原因です。

まずは食事をしたら歯磨きをすること、昼食や間食など歯磨きをする機会が持てない場合でも、うがいやガムなどで極力口内を綺麗にしておくように心がけます。

その上で口臭が気になる場合、歯石が溜まっていたり、それによって歯周病歯槽膿漏になっている可能性があります。

食べかすがたまると石のように固まる歯石や、それによる炎症である歯周病には、年齢は関係ありません。若い人でも多くの人がなります。

歯槽膿漏は中年からお年寄りに多い傾向にはありますが、同じく歯石の長期放置やひどい虫歯の放置でも起こります。

さらに神経まで侵食した虫歯は、生臭い嫌なにおいを感じさせます。

口臭が気になったならば、まずは歯科治療をすることを進めます。

特に歯石などのトラブルに痛みは伴わない場合が多いので、自分では気づいていないだけのこともあります。

歯が綺麗になることは、口臭予防だけでなく人前で笑顔になること、話すことへの自信にもなります。

体臭をいい匂いに変えたい!足編

これからの時期、若い女性の多くが悩むのが足の臭いです。

冬になると女性はブーツを履く機会が増えます。また、定番のムートンブーツは可愛くてあったかくてとても重宝されますよね。

しかし、あったかければあったかいほど足は汗をかきます。手足は毛細血管が多く、温まるのにも時間がかかりますが温まると体よりも高温になります。ですので、汗もかきやすいですし風通しの悪い靴の中ではにおいがこもり、倍増させてしまいます。

かといってミュールを履くのは寒いですし、スニーカーでも良いですが場面によってはそぐわないこともあります。

若い女性にとってブーツは冬の必須アイテムです。

さて、この必須アイテムを活用しつつ足の臭いに気をつけるためのポイントは、やはり脱げるところで脱ぐことです。

靴を脱ぐことは行儀が良いとはいえませんので、場面を見ながらたとえばお手洗いに立った時など、自分だけのスペースがあるときに風を通すようにします。

また、今はトレンカやレギンスなども流通しています。

それらに靴下を合わせれば、いざ靴を脱ぐときなどに替えの靴下を持参していれば履き替えてにおいが外に出ることを防ぐことができます。

同じような方法で、ストッキングだとしても替えを持ち歩くことで、急に座敷のスペースに入ることになっても直前で履き替えれば気になりません。

その際は、制汗シートなどで足の指先などを特に拭き取ってから履き替えると、効果はより出ます。

香り付きのものなど様々ありますが、この場合は無香料のものを選んだ方がにおいが混ざらずに汗のにおいだけきれいに拭き取ってくれるでしょう。

体臭をいい匂いに変えたい!デリケートゾーン編

デリケートゾーンは人には相談しづらい部分でもあり、自分の身体ながら対処に困る部分でもあると思います。

デリケートゾーンは主におしっこのアンモニア臭が気になることが多いと思います。

トイレで拭いていないわけでもないのになぜそのようなにおいが気になってしまうのでしょうか。

まず1つは拭き残しです。

複雑な形状のデリケートゾーンですので、なかなか完璧にとはいきづらいです。

また、生理の周期によってはにおいが強い時や、生理前はおりもののにおいでくさいと感じる場合もあります。

最近のトイレはウォシュレットが付いていることがほとんどなので、まだ活用をしていない人は使用を習慣化することをおすすめします。

おりものが少量だからといってシートを使わない女性は7割ほどいるようですが、やはり気になった際にはサッと変えられるのでこちらも習慣づけると良いでしょう。

さらに、最近ではドラッグストアなどでも膣内洗浄器が購入できます。お風呂のほかでも、時間があるときには膣内洗浄をするだけでもデリケートゾーンのにおいは大幅に防げるものだと思います。

また、種類の多い生理用品の中には香り付きの可愛いものもあります。そのようなものを使うことで、女子力アップも計れて意識もあがるのです。

体臭対策は絶対にするべき!

たとえば電車の中で、体臭が臭い人と向き合った場合それだけで嫌な気分になりますよね。

また、職場などでも初対面で口が臭いというイメージを持ってしまうと、次回あったときにはそんなことがなくてもずっと「この人はくさい」と思ってしまうことありませんか?

においというのはその場でもですが、相手への印象として容姿と同様に残りやすいものなのです。

体臭はホルモンの影響で変わるということからも、男女はそれぞれのにおいで引き寄せあっているという研究結果も報告されているくらいなのです。

いくら容姿がよく性格もいい人でも、においが自分に不快と感じる相手だと、あまりいい印象はもてないです。

逆に、容姿がタイプでなくとも惹きつけられるにおいというのもあると思います。

また、男性にとっては女性がどれだけにおいのケアをしっかりしているかというのもポイントのようです。

香水でごまかすのではなく、根本的に気遣いをしているのかという部分です。

ですので、ある雑誌のアンケートではデートの際にわざと靴を脱ぐ場面を作るという男性が半数以上いたのです。

予期せぬ場面でも対処できるか、または対処されているかという部分は男性にとっては重要なようです。

このような場面でも自信を持って迷わず靴を脱げる、コートを脱げるという女性になれれば、男性からも一目置かれるようになれるでしょう。

体臭と汗対策のための総合ランキングページを作成しました♪みなさまから頂いた「かおりんオリジナルのランキングを作ってほしい!」という声に後押しされました!私なんかのランキングに興味をもって頂いてありがとうございます(>_<) 一般的なランキングとはちょっと違った「私の主観がかなり入ったランキング」なので、興味のある方はぜひ見てみて下さいね♪

管理人が作った総合ランキングページを見てみる