電車内で体臭がバレないための対策。具体的な方法から応用まで。

電車と女性の写真
管理人

管理人
体臭で悩む女性の1番の大敵は「人ごみの中のムッとする空気」です。その最たるものが電車内

通勤や遊びに行くとき、常に電車はつきものです。

今回は、そんな恐怖の電車内で、体臭がバレないようにするために考えられる対策についてまとめてみました。

電車で体臭がバレないための対策1 ムレ防止

電車の中でつり革を持った時に、自分の脇の臭いが気になる時もあります。電車の中で周りの人に迷惑をかけてないか不安になる事もあります。

普段は気にならないのに、「電車の中でのみ」気になる時があります。

脇には、汗を出すアポクリン腺が多数あります。アポクリン腺からタンパク質や皮脂が分泌され雑菌の餌になります。

脇は常に閉じており、汗をかきっぱなしな人が多いです。知らないうちに雑菌が繁殖して体臭が起こります。

ですので汗をかきっぱなしにしていると、ムレて雑菌が増えます。脇をムレないようにすると良いです。

脇に汗をかきやすくムレやすい人は、脇を閉じっぱなしにせずに、脇に通気性を良くすると雑菌の繁殖を抑えられます。

脇を汗で湿った状態にせずに、汗をかいたら乾燥させるように心掛けると良いです。常に不自然でない程度に脇を少し開いて通気性を良くすると良いです。カバンの持ち方も少し不自然ではない程度に脇を開いて通気できるようにすると良いです。

電車で体臭がバレないための対策2 お酢

体臭の原因は、汗ですので汗を出にくくするのも対策です。汗を抑制する制汗シート等も最近市販されてます。汗をかきやすい人には、制汗シートで拭き取るのも1つの方法です。

しかし時間的に忙しく、制汗シートで汗を拭き取るのが面倒な人もいるかもしれません。そんな方には、脇にお酢を適当な分量のお水で薄めた液を作り、出掛ける前に脇に塗るのもお勧めです。

お酢には、雑菌の繁殖を抑える作用があります。

梅雨から夏場にかけて、食中毒の時期に梅干しや酢飯にすると食中毒予防になると聞いた事があると思います。それと同じ原理です。

まさか梅干しを脇に塗ったり張り付けたりするのは無理ですよね。

ですのでお酢をお水で薄めた液を脇に塗って、雑菌の繁殖を抑えると良いです。

汗をかきやすい人は、お出掛け前に「お酢を薄めた液」を脇に塗り、お手洗いに行くたび等、こまめに塗ると良いです。

「お酢をお水に薄めた液」は、雑菌を抑える為の制汗スプレーの代用としてつかえます。制汗スプレーよりも、雑菌の繁殖を抑える効果があるため、体臭予防に効果的です。

電車で体臭がバレないための対策3 ストレス対策

自分の体臭が気になりますと、常に体臭で周りを不愉快にさせたりしてないかな?と不安になります。

その不安がストレスになります。

ストレスは、体のメカニズムを崩します。

ストレスにより体内のデトックスもうまく行かないです。

それゆえに体内で便秘が起こったり老廃物が溜まります。

体内で老廃物が古くなりますと、酸化して腐敗してその臭いが口から出る場合もあります。

口のみではありません。腐敗した老廃物の臭いは、気づかないうちに気化して、皮膚や毛穴から出たり、鼻腔から出たりしている可能性もあります。

老廃物が酸化すると、酸っぱい臭いが気化して体臭となったりします。

便秘をすると体内で老廃物が気化して体臭になれば硫黄臭い体臭になります。

ストレスは体内のメカニズムを崩し、汗の出るアポクリン腺から、タンパク質や皮脂を過剰に出しすぎたりします。

ストレスにより雑菌の餌になる皮脂が過剰に出る事を防ぐのも体臭予防の対策です。

ストレスをできるだけ感じないように、早寝早起きを心掛けないとなりません。

電車の中で体臭を気にするのではなく、ストレスを感じないように楽しい事を考える方が体臭がやわらぎます。

電車で体臭がバレないための対策4 アロマ

アロマテラピーが最近流行ってます。

アロマ好きな人も多いと思います。

そんな方にお勧めの体臭予防は、ラベンダーのアロマテラピーです。

ラベンダーは、虫除け等に使われます。現に蚊取り線香もラベンダーの香を使用した商品もあります。

またインフルエンザの予防に、加湿器にラベンダーの製油を適宜入れる方法も、多くの医療福祉機関に取り入れられてます。

それぐらいラベンダーは、虫を寄せ付けず殺菌作用もあります。

これを体臭対策にも利用できます。

オリーブオイルラベンダーの精油を適宜混ぜます。これをボディオイルとしてお風呂上がり等に塗るのも良いです。

またラベンダーの精油を、適宜お水に薄めて少しエタノールを入れた液を作り、脇に噴射するのも良いです。

ラベンダーも殺菌作用ありますがエタノールも殺菌作用あります。この液を脇に噴射する事により殺菌できます。

エタノールでカブレやすい人は、エタノールを入れなくても大丈夫です。

ラベンダーの香りを常に楽しむ生活をすると、楽しく体臭対策ができます。

電車で体臭がバレないための対策5 バラの香水

古来の西欧では、お風呂に毎日入るという風習がなかったと言われてます。

だから世界的に歴史に名前を残した美女達は、バラを好みました。

バラの香水を愛用していた美女達は、多いです。

バラの香水をつける事で、自分の体臭をごまかしたとも言われます。

現代においてもこの方法が通用するかと言いますと、通用します。

バラの香が強い香水なら、体臭を打ち消します。

お出掛け前に体臭が気になる部位に等につけたり、自分の体の色んなところにバラの香水をつけると、電車の中で体臭が気にならなくなる事が多いです。

またバラの香りは、女性ホルモンの分泌を促進します。それゆえに体臭の原因となる皮脂の分泌状況も減少する事もあります。

普段お風呂に入る時にはバラの香の入浴剤を入れるのも良いです。

バラの香を利用する方法は、特に女性にお勧めの体臭対策です。

バラを飾る生活をするのも、女性ホルモンの分泌が良くなり体臭が弱まります。

体臭は、どちらか言えば皮脂の多い男性に多いです。

ですので女性ホルモンの分泌を増やすのも大切です。

アドバイス

汗をかいてムレますと、雑菌の繁殖も増えます。ですので不自然でないくらいに、脇に通気するように、脇を軽く開ける事も心掛けると良いです。

制汗シートで、汗をかきにくくするのも良いです。お酢をお水で薄めた液をこまめに噴射するのも良いです。

体臭を気にしすぎるとストレスになります。ストレスを強く感じますと、体内のデトックスがうまくできず毒素が溜まります。ストレスによって、アポクリン腺からタンパク質や皮脂が過剰に出すぎたりしますので、なるべくストレスを感じないようにしないとなりません。

ラベンダーの精油をオリーブオイルに適宜混ぜて塗ると、体臭対策になります。

ラベンダーの精油をお水とエタノールで薄めて噴射するのも良いです。

また香りが強めのバラの香水を愛用するのも、ホルモン分泌が良くなり体臭もやわらぎます。